気になる症状があるなら精神病診断【診断の見極めが難しい病気】

地元で人気の病院を選ぶ

女性

早期発見治療が大切です

統合失調症や双極性障害などの精神病は、決して珍しい病気ではなく、環境が大きく変化したり、金銭問題、身内や配偶者との不和、人間関係や仕事のストレスなどがきっかけで発症をすることがあります。統合失調症は幻聴や妄想などが見られたり、意欲や気力が低下して、入浴や歯磨き、着替えなどを怠ることもあります。双極性障害やうつ病などの精神病は、本人に病識があることが多いですが、統合失調症の場合は病識が欠如しているケースが多く、精神神経科のクリニックや病院を、受診するのが遅れることもあります。統合失調症は早期に発見して適切な治療を受けることで、病気が寛解して家事や軽労働がこなせるようになったり、病気の再発を防ぐことができます。本人が受診を嫌がる場合でも、同居をしている家族が説得をして病院やクリニックを受診させることが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、心身の不調を感じている人が通院をしやすい環境が整っています。うつ病や双極性障害などの病気は、本人に自覚があることが多いため、日常生活に支障をきたしている場合は、診察やカウンセリングを受けて病気を診断してもらいましょう。病気が診断されたら、十分な休養が必要な病気です。統合失調症や双極性障害、うつ病などの精神病は、誰でも罹る可能性があるため、気になる症状が見られる場合は、なるべく家族に付き添ってもらい、診察やカウンセリングを受けることが大事です。精神病が診断されると、気分安定薬や抗精神薬、抗うつ剤、睡眠導入剤などの医薬品を処方してくれるので、症状が改善するまでは根気よく続けることが大事です。辛い症状が緩和してきても、過度なストレスや睡眠不足などが原因で再発がしやすいため、朝型の規則正しい生活を心掛けて、薬を減薬したり、中断をしないことが大事です。信頼できる医師が在籍をしている病院やクリニックでは、薬の効能や副作用なども説明をしてくれるので、安心して服用ができます。比較的副作用の少ない薬も開発されていますし、すべての人に副作用が出るわけではありません。病気が診断されたら根気よく薬を続けることで、辛い症状が改善してきます。仕事や家庭、職場の人間関係などのストレスを感じている人は、カウンセリングなどの精神療法を受けることで、気持ちが楽になります。